PRESS RELEASE メイン写真

アート&カルチャーの発信地「ホテル アンテルーム 京都」 67室増室し2016年7月リニューアルオープン

 

UDSは、2016年7月に「ホテルアンテルーム京都」をリニューアルオープンいたします。今回のリニューアルでは、これまで学生寮として使用していた棟を客室へと一新し、新たに67室増室します。

メイン写真

ホテルアンテルーム京都は、UDS株式会社が事業企画・設計・運営を手がける、ホテルと長期滞在型ホテル(アパートメント)、ギャラリーからなる複合施設です。「京都の今を表現するアート&カルチャーが集まる場所」をコンセプトに、築23年の学生寮をコンバージョンし、2011年4月にオープンしました。彫刻家・名和晃平氏が率いるクリエイター集団「SANDWICH」をはじめ、京都や関西エリアを中心に活動するアーティストやクリエイターをパートナーに迎え、客室や共用部にアートを配しており、国内外から多くの旅行者にご宿泊いただいております。

観光旅行者数が毎年増加し続けている京都では、今後も外国人旅行者を中心とした旅行者の増加が予想されています。この様な状況を踏まえ、客室を増室する事で多くの方が宿泊できる環境を整えると共に、既存の「アート&カルチャー」というテーマに、日本や京都の自然の心地よさを演出する「和」の要素を付加することで、常に進化する今の京都と普遍的な和の心地よさが融合する、新感覚のホテルを提案します。

PRESS RELEASEはコチラ(PDF形式)