UDS LOG far-west-brunch-crepe-7
2017.02.16

    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/6/9/sd0147769/uds-net.co.jp/wordpress2/wp-content/themes/uds/single-article.php on line 54

【誉都思だより / 上海】旧オフィス周辺エリアの紹介-上海の食事情(武康路)②-

 

你好!誉都思 上海の李です。

前編(http://www.uds-net.co.jp/article/6207)に引き続き、旧オフィス周辺のエリアをご紹介します。
今回は、上海図書館駅周辺、上海で最も盛り上がってる通りの一つと言える武康路沿いのお店です。

だより1

 

1. Farine

farine6faine

farine2  farine1
(写真出典: Farine Facebook page)

まず最初に「Farine」というベーカリーです。
こちらは、フランス人のオーナーさんがフランスから直接こだわりの小麦粉とバターなどを輸入し、フランスのパンの味を精密に再現しています。カンパーニュが大好きな私ですが、Farineは香ばしいそば粉が楽しめて、たっぷりのナッツやドライフルーツも嬉しい、大満足のカンパーニュを作っています。

だより5

パーティーシーズンになると、カンパーニュやバケットを買いに来る上海のグルメな人たちで賑わいます。
大晦日、恐らくニューイヤーパーティーで必要だったのでしょう。
私も朝買いに行き、30分ほど並んでやっとパンを買ったのは、いい思い出です。

 

2. WIYF

週末、上海図書館の駅から武康路を沿って真っ直ぐ進んでいくと、Farineを通って少しで長蛇の列を見かけることになります。

だより2
その長蛇の列の先にあるのが、WIYF (What is your flavor?の頭文字)というアイスクリーム屋さんです。
このアイスクリーム屋さんに続く長蛇の列は武康路の一つの風物詩になっているほど。

smsh1461208459
(写真出典:I Waited In Line For 75 Minutes For This Ice Cream Cone

キャラメルソルトなどシグネチャーフレーバーももちろん、マンゴーやレモンなどソルベも大人気です。

ここで、長蛇の列に並ばずとも、WIYFのアイスクリームを手軽に楽しむTipをご紹介します!
実は、これから紹介するFar-WestとRachel’sでも食べることができるのです。
平日夜8~9時頃は空いているので、まずは味を試してみたい!という方にはこちらの方法をおすすめします(笑)。

 

3. Far-West/Grains

カンパーニュに続き、ガレットが大好きで、上海の美味しい場所リサーチした時に、見つけたのお店がこちらの Far-Westです。

far-west-brunch-crepe-7
(写真出典:Brunch in Shanghai: Crepes at Far-West

WIYFの隣にある通り沿いのGrainsというカフェの隣奥にあります。
週末のブランチに人気ぼスポットです。

far-west-brunch-crepe-2 far-west-brunch-crepe-3
(写真出典:Brunch in Shanghai: Crepes at Far-West

こちらもフランス人オーナーがフランス本場の味を徹底して再現しています。
家庭的な定番メニューからWIYFのアイスとソルベを添えたデザートメニューまで。
美味しい小麦粉とそば粉の味を噛めば噛むほど楽しめる美味しいガレットを頂けます。

 

4. Rachel’s

そして、もう一つ。WIYFのすぐ隣にあるお店、Rachel’sがあります。

Neri_Hu_project_Rachel's_Burger_photographed_by_Dirk_Weiblen_04
(写真出典:Neri & Hu

「上海で最も美味しいバーガー屋さん」と言えば必ず候補に上がるお店の一つです。

img
(写真出典:Rachel’s Homepage

Neri_Hu_project_Rachel's_Burger_photographed_by_Dirk_Weiblen_02
(写真出典:Neri & Hu

そして、現在上海ベースで世界中で活躍する建築チーム、Neri & Hu が設計したことで、建築好きにとっても要チェックなスポットです。
こちらも外国人のオーナーが運営しており、アメリカンで気さくな接客、肉汁たっぷりのバーガーを求めて多くの欧米人が訪れます。
無性にバーガーが食べたくなったら一人でもふらっといけるところもお気に入りです。

さて、ここで皆さん何かお気づきになりませんか?
外国人のオーナーさんが多いと思いませんでしたか?

実は今回紹介した4つのお店は、全て同じ経営者がプロデュース・運営しています。

その名も、Franck Pecol(フランク・ピコル).
上海で最も成功しているレストラン経営者、とも呼ばれています。

leleu-franck-20

自分の名前を掲げたFranck Bistrotをスタートに、Farine、Far-West、Rachel’sなど人気店を続々とオープンさせています。
この武康路の賑わいを仕掛けた人物と言っても過言ではありません。

Photo shot at Franck Bistrot, shanghai

Atmosphere pictures of Franck Bistrot, Shanghai Atmosphere pictures of Franck Bistrot, Shanghai

(写真出典:FRANK BISTROT/ atmosphere interior photos (Shanghai)

母国のパリからアメリカでの経験を経て上海に辿り着いた彼は「本場の本物の味」を上海で披露し、奇抜ではないけれど、海外を旅行して本場の味をたくさん体験してきた上海人や上海に住んでる多くの外国人にとって「必要だった」レストランを展開し、それが大成功しています。

「レストラン」というものが、ただご飯を食べる場所として機能しているのではなく、街を活気づかせる原動力になっているとても良い事例だと感じ、フランクさんに関するニュースはいつもチェックしています。
次はどんなレストランを、そしてまた行きたいと感じるどんな場所を披露してくれるのでしょうか?

この他にも上海にはグルメスポットがたくさんあるので、ぜひ皆さんご自身の舌で確かめにいらしてください!

これで旧オフィス周辺紹介編は終わります。
次回、また上海のことを知っていただける内容でお会いできればと思います!

再见!

【誉都思だより/上海担当】
李侖宰(企画)

李さん