d-labo たまプラーザd-labo Tamaplaza

KANAGAWA

「d-labo たまプラーザ」のコンセプトは、「家族で行ける銀行」。子供も一緒に楽しめることをテーマに、空間にさまざまな仕掛けを盛り込みました。

空間は、大きく三つのゾーンに分けて計画しました。

子供が遊べるゾーンでは、道路側の開口部沿いに、高さ5m、長さ約25mの巨大なキッズウォールを設置。屏風のように折り曲げ、季節を感じられる環境をつくった。春は桜、秋は紅葉といったように、マグネットで自由に表現できるボードや、お絵描きができるiPadなどを配置している。また、壁の一部に穴を空け、洞窟のような場所で本が読める子供専用のライブラリーも用意。

ラウンジ・イベントゾーンでは、ナチュラルなカフェのイメージになるよう、素材やレイアウトを意識して、大人のライブラリーやグリーンを設置。イベントの開催を踏まえ、すべての什器を可動型とし、どんな場面においても居心地の良い空間となるデザインを心掛けました。

銀行ゾーンは、従来の接客カウンターではなく、話しかけやすいカウンターを目指し、ホテルのチェックインカウンターのようなデザインとしました。

三つのゾーンが重なることで、今までなかった全く新しい銀行の空間を実現しました。

http://www.d-laboweb.jp/
  • 企画
  • 設計
OUTLINE
所在地
神奈川県横浜市
用途
コミュニケーションスペース
敷地面積
延床面積
310.87㎡
規模
構造
竣工年
2015年4月