ホテル カプチーノHOTEL CAPPUCCINO

KOREA

デザインコンセプトは、韓国の伝統的家屋をモチーフにしたモダンデザイン。ファサードは「韓屋」の格子パターンから、窓やフレームのグリッドは伝統工芸のパッチワーク「ポジャギ」から着想しました。また、建物側面のパターンデザインは、普遍的な技法である黄金比で展開。下層部は2 層にわたってフレームを強調し、開放感のある空間でゲストを迎え入れることを意図しました。

ホテルの顔となる1階は、各空間が緩やかにつながった構成とし、にぎやかで入りやすい雰囲気に。チェックインカウンターは、ショップ機能を兼ね、親しみやすいロビー環境とし、ソウル・カンナムの街並みを見下ろす17 、18 階には、レストランとスカイバーを設けています。

客室は、ビジネスから観光まで目的の異なる幅広い客層をターゲットとし、ドミトリーからコンセプトルームまで豊富な選択肢を提案。また、機能性とデザイン性を追及し、壁面一面を「見せる収納」として大胆に活用しています。床面積約15㎡の客室では、窓際全体を2 m 四方のキングサイズのベッドを配置し、コンパクトでありながらゆったりとくつろげる空間を実現しています。

OUTLINE
所在地
韓国ソウル特別市江南区
用途
ホテル
敷地面積
605.31㎡
延床面積
5,871.25㎡
規模
地上18階 地下3階
構造
鉄筋コンクリート造
竣工年
2015年12月