AWARD main

【2021年度グッドデザイン賞】今年、UDSでは4つの施設で受賞しました

 

今年もグッドデザイン賞発表の時期がやってまいりました。ありがたいことに今年UDSが設計等を手掛けた4施設ONSEN RYOKAN 由縁 札幌cu-mo箱根由縁別邸 代田」「東京アメリカンクラブ日本橋が、2021年度グッドデザイン賞を受賞することができました。2015年から数えて、今年で7年連続での受賞となります。

多くの施設でこのような賞を受賞できたことを、UDS一同とても嬉しく思っています。

そして、各プロジェクトでご協力いただいているパートナーのみなさま、いつも各施設をご利用いただいているお客さまへ、心より感謝申し上げます。

下記に、今回の受賞プロジェクトと、審査コメントをご紹介します。

ONSEN RYOKAN 由縁 札幌(商業のための建築・環境部門)

「旅館」の旅館たる“由縁”、その本質的な要素を現在の宿泊者ニーズや環境に合わせて編集して提供する宿泊施設。札幌中心部にありながら北海道の豊かな自然を感じられる立地で、道産の良質な木材ナラや札幌軟石を随所に使用しています。大浴場では、外湯の露天風呂で北海道・登別市カルルス温泉の源泉から運ぶ温泉のお湯が楽しめるほか、サウナや水風呂、こもり湯や打たせ湯を設けています。(施設詳細

yuen_sapporo_011_96

_E4A7863

評価コメント(一部抜粋)

北海道産のミズナラや札幌軟石など土地を感じる素材の採用は、建材にとどまらず備品や食に至るまで一貫したコンセプトでまとめられ、原初的なそれらの素材感を空間に参加させることで「北海道に来た」という旅の実感を助長させる滞在がデザインされている。

受賞発表ページ:https://www.g-mark.org/award/describe/52627?token=kU3rtpYhUf

cu-mo箱根(公共建築のインテリア部門)

箱根ゴールデンルートと呼ばれる箱根観光の中核ルート上にある、ケーブルカーとロープウェイの乗換駅である早雲山駅舎内に新たに誕生した、旅のコンコース。強羅の山頂にあり、眼前に大文字焼の山、相模湾も望めるロケーションを活かし、6つの体験コンテンツを盛り込むことで、乗り換え時間を思い出の体験時間に変換する場とすることを目指しました。(施設詳細

cu_mo_006

cu_mo_002

評価コメント(一部抜粋)

この作品では、奥に見える山並みの印象が主役となるよう、内装を木質系の素材でまとめ、土産物類の選定とそのパッケージ、サインもセンス良くデザインされています。そういったヴィジュアルの操作に加えて、人を惹きつける円形のテーブルや足湯といった仕掛けによって、単に乗り換えの駅としか意識していなかった観光客に、思いがけない体験を提供する空間となっており、僅か30分間でも記憶に残る時間へと変えられるということを教えてくれる作品です。

受賞発表ページ:https://www.g-mark.org/award/describe/52707?token=kU3rtpYhUf

由縁別邸 代田(商業のための建築・環境部門)

歴史ある日本家屋や緑が残る穏やかな環境に佇む、35室の客室と、箱根の温泉が楽しめる露天風呂付き大浴場、割烹、茶寮、SPAからなる温泉旅館。小田急線の線路地下化に伴う「下北線路街」開発のひとつとして、小田急線「世田谷代田駅」に隣接する敷地に開業。共用部では築100年以上の歴史ある世田谷の茅葺屋敷より譲り受けた建具や景石などを取り入れて、地域の歴史や記憶を纏った空間としています。(施設詳細

yuen_hanare_001

_C6A2524

評価コメント(一部抜粋)

線路上開発ゆえの荷重制限を逆手に取った低層建物を緑道を中心とした分散配置は、住宅地に良好なまちなみを生み出しており、客室空間は都市型宿泊施設らしいコンパクトな空間でありながらも庭や緑をうまく取り込み旅館的な風情と快適さが同居する設計となっている。(中略)鉄道会社による沿線開発として将来の街の価値向上につながる計画を目指す視点や、企画設計運営一体となって秀逸に体験がデザインされた開発が今後も継続的になされていくことへの期待もこめて評価した。

受賞発表ページ:https://www.g-mark.org/award/describe/52635?token=kU3rtpYhUf

東京アメリカンクラブ日本橋(商業空間・店舗のインテリア部門)

歴史ある日本橋エリアにおいて三井不動産が推進するグローバルなまちづくりの一環として生まれた、創立93年の伝統ある会員制クラブ「東京アメリカンクラブ」初のサテライト施設。メインコンセプト「A Large Home(大きな家)」を象徴するアメリカンブラックウォルナットの傾斜天井が施設全体を覆い、フィットネス、レストラン、VIPルームのどこにいても大きな「一軒家」にいるような感覚を得られる空間を目指しました。国際色豊かな会員の交流拠点として、新たな文化やコミュニティーを創出する場として計画しています。(施設詳細

tac_nihonbashi_003

tac_nihonbashi_018

評価コメント(一部抜粋)

会員制の社交クラブのインテリアとして、場所性を読み解き、また規模やクラブの特殊性から読み解けるA Large Home というコンセプトの正しさ、またそのコンセプトを傾斜天井というシンプルな方法で美しくデザインとして解いているところを高く評価しました。その傾斜天井という意匠が異なる空間を見事にまとめ上げており、大きな家であるという感覚は、コンセプトだけの話ではなく、空間的なまとまりと、落ち着きを作っていると思いました。またカーペットや照明などのオリジナルデザインがこの空間を特別にしていることを感じました。

受賞発表ページ:https://www.g-mark.org/award/describe/52587?token=kU3rtpYhUf

2021年度グッドデザイン賞の受賞に際して、昨年に続き今年もオンラインでのイベント『GOOD DESIGN SHOW 2021』が開催されます。ぜひご覧ください。

オンラインイベント『GOOD DESIGN SHOW 2021
会期 10月20日(水)〜11月21日(日)

http://promo.g-mark.org/