NEWS 01_dsc9111
2016.05.27

UDS運営のシェアハウスPLOW&CO.の1・2階にカフェ&キッチン CULTiCOがオープンしました。

 

4月29日、荻窪にUDSが企画立案、建築設計を担当したカフェ&キッチン CULTiCO(カルティコ)がオープンしました。

CULTiCOはUDSが企画・設計・運営を手掛ける「食」をコンセプトにしたシェアハウス「PLOW & CO.」の、1階と2階の一部に位置するカフェレストランです。同シェアハウスは、荻窪本店をはじめ関東20店舗にのぼる鮮魚店や飲食店などを手がける、株式会社魚耕ホールディングスが事業主です。「これまで育てていただいた荻窪のまちに、人々が集う新たな賑わいの場を創造することで貢献したい」という想いからスタートし、このたび系列であるUoko Global株式会社のカフェレストランが入ることで、建物全体の完成を迎えました。

cultico_01_dsc9069

CULTiCOは、シェアハウスの入居者が第2のリビング / ダイニングとして使えるのはもちろんのこと、「杉並のコミュニティの中心となるような場所」を目指して企画・設計されました。

建物のデザインは、道行く人が気軽に立ち寄りやすく挨拶の声も届き、外部から内部が見渡せるように開放的な設計としました。厨房もオープンでライブ感のあるプランニングとし、エントランス部分には螺旋階段とともに吹抜けを設け高さのある空間となっています。お子様連れの方にもご利用いただきやすいよう様々なタイプの席を用意し、椅子はもちろん、お絵かきができる壁や絵本なども店内に置く棚を設けました。また2階の大きなカウンターテーブルは、料理教室やイベントなどでレンタルキッチンとして使用できるように設計しました。
cultico__C1A7569_2

cultico_C1A7647

メニューには荻窪のハチミツ専門店「ラベイユ」や、杉並の農家から仕入れた地元の品や野菜、魚耕の鮮魚を大胆に使った料理が並びオープン当日から地域の方や、お子様連れ、サラリーマン、シェアハウスの入居者など幅広い客層に親しまれています。

CULTiCOの詳細はHPをご覧ください。http://www.cultico.com/