MEMBER 黒田

【PEOPLE】黒田哲二(取締役/戦略プロジェクト室 執行役員)

 

1. 自己紹介

1977年神戸生まれ、東京育ち。
東京大学工学部建築学科卒業後、隈研吾建築都市設計事務所を経て、2005年より株式会社都市デザインシステム(現UDS)にて企画開発業務を担当。

2008年より森ビル株式会社にて、虎ノ門ヒルズ開発業務に携わり、新虎通りを中心とした活性化、エリアマネジメントを手がける。

2015年10月よりUDS株式会社へ復帰。
現在は企画・設計・運営を強みとする同社の「企画」の柱として、国内外問わず、新規プロジェクトに奔走している。

2. まちを楽しくするために必要なことは?

昨年、子供が産まれたのをきっかけに、妻の実家でもある逗子へ引っ越しました。
海もあり、山もある豊かな自然環境はもちろん良いのですが、まちにいる人、たとえば漁師さんや映画館のマスター、本屋さん、カレー屋さんなどの顔が見えていることがまちを楽しくするために重要なのかなとも感じています。

巨大資本だけで構成されているのではなく、地元の人の小商いが成立する環境づくり、経済合理性だけでなくエクセルには表れてこない価値をまちに創り出していくことが必要だと思います。

3. 仕事を楽しむために必要なことは?

まずは楽しく生きることが必要だと思います。
リビングワールド西村さんの「自分の働き方を考えることは自分の生き方を考えること」という言葉が自分の中でも大きく影響しています。
まちがワクワクする空間・体験をつくるには、まず自分がワクワクしていることが大事だと思います。

次に社内外問わず、人に会って話すこと。
いまはインターネットで簡単に情報にアクセスできます。
その情報を自分の中で糧にするためには、現地に行き、人と話し、自分の言葉にしていくことが必要だと考えています。

4. 代表実績

ホテル アンテルーム 京都
ホテルカンラ 京都 増床