MEMBER 中山

【PEOPLE】中山幸恵(COMPATH/執行役員)

 

1. 自己紹介

中山幸恵/ Yukie Nakayama
1996年10月1日中途入社。アトリエ事務所に大学のころからバイトを通して、勤務していて、有名な建築家のいる事務所での仕事の進め方や考え方に疑問を持ち、今後の自分の設計人生を検討していました。

当時の㈱都市デザインシステムの募集には、設計部署をこれから立ち上げると書いてあり、ここに入ればゼロから始められるんだと思い応募しました。

当時は、コーポラティブハウスを主に取り組んでいたため、その設計を行い、今現在も設計に携わっています。2009年に結婚し、子供が2人続けて授かり、3年ほど育児休暇でお休みしましたが、その後復帰し、今に至っています。

2. まちを楽しくするために必要なことは?

老若男女のすべての世代が楽しめる仕掛けがあるまち。

同じ場所に全部は難しいかもしれませんが、楽しむだけではなくて、安全性や安心感のあるまちづくりが大切だと思います。
例えて言うなら、大きい広場があれば、若者がゆっくりできる格好いい空間があったり、花壇や植栽があって、高齢者がゆったりと座れ、日向ぼっこできるような屋外空間があったリ、そのそばで自然の造形を生かした遊具で子供を遊ばせられる空間があるようなイメージです。

また、自宅では味わえない非日常的要素もあると、まちへ出ようという意欲が湧くかと思います。
それにはその場所でしか味わえない地域の特性や自然を生かした仕掛けを考えて、またここに来ようという気持ちをおこさせるような仕組みを考える必要があると思います。

3. 仕事を楽しむために必要なことは?

自信と強みとコミュニケーション力だと思います。

自信は、経験と実績を積み重ねて、失敗や感謝されることを繰り返し、努力をしなければつきません。
強みは、経験の中で自分が得意なもの、これだけは誰にも負けないと思える部分を見つけ、精進してそれを普段の業務に落とし込む力を磨くこと。
コミュニケーション力は、自分の考えや想いだけではなく、チームの人間と話し合う力をつけること。
また、クライアントが求めていることをコミュニケーションを通して汲み取り、それを提案できる力をつけること。

以上ができるようになると、仕事の進め方や周りへの気遣い、今自分は何をすればいいのかがわかり、仕事も効率的にできるようになり、自分のプライベートの時間もとれ、仕事以外でも充実した毎日を過ごすことができ、仕事が楽しくなると思います。

4. 実績

品川プリンスレジデンスリフォーム(内装インテリアデザイン監修)
若林1丁目賃貸住宅新築住宅部設計監理(新築住宅部設計監理)
恵比寿賃貸住宅+店舗ビル(全体監理+オーナー邸2住戸設計監理)
NODE UEHARA
PLOW & CO
CULTiCO