MEMBER DSC_0105

【PEOPLE】前田健吾(HAMACHO HOTEL/支配人)

 

1. 自己紹介

前田健吾 / Kengo Maeda

2016年11月途中入社。
クレリオン、コンラッド、メルキュールと外資系ホテルで働いてきました。
それぞれのブランドイメージに添ってしっかりと決まったオペレーションやサービスが提供されていましたが、そうであるが故に面白い(楽しい)事やサービスが出来ないなと感じるようになってきた時期でもありました。
そんな時にUDSが活気に溢れる職場で、先入観に縛られずに楽しく働けるという話を聞いて入社しました。

今はホテルエディット横濱の支配人として、特にアクター(スタッフ)もゲストも一緒に楽しく過ごせる環境作りに注力しています。

2. まちを楽しくするために必要なことは?

使い古された言葉ですが既に価値観は多様化しています。
楽しさの定義も人それぞれなので、そのニーズの受け皿となる場所(コミュニティ)が充実してあると嬉しいですよね。
例えば秋葉原はその究極系なのかなと感じます。
更に言えば背景に地域の伝統や文化の素地がしっかり含まれている、これらが掛け合わされると楽しい「まち」になるのではないでしょうか。

ホテルは本来は地域のハブとなる施設です。
バーやレストランは社交場として、客室は遠方からゲストを迎え入れる宿としての本質があるのでニーズの受け皿代表としての役割は重要だと思います。

3. 仕事を楽しむために必要なことは?

『やったことの無い仕事や分野に挑戦する事』
挑戦と書くと大それた感じがしますが、少し手伝っている程度の事でもいいので手を広げます。
知らなかった事を知れる瞬間というのはシンプルに楽しいです。

世の中には未だ自分の知らない事が無限にあるので、小さい事でもそういう状況をたくさん用意して、それがいつか連結すると更に楽しいですよね。

4. 代表実績

ホテル エディット 横濱 支配人