MEMBER IMG_5835

【PEOPLE】山森薫(沖縄UDS/ディレクター)

 

1.自己紹介

山森 薫 / Kaoru Yamamori

2017年1月1日中途入社
町場のレストランからイタリアへ渡り、ブルガリホテルやザ・リッツカールトン沖縄、アマン東京など、5スターにて経験を積む。(自身のワインバーを代官山にて営業した特異な経験もあり)
民泊やロボットによるサービスなど、目まぐるしく変化するホテル業界の中で「どんなホテルマンになりたいか」を模索し、「クリエイティブなホテルマン」を目指すべく39歳で入社。現在は「まちづくり」の観点からオペレーションにとどまらず、新規ホテルの開業準備やレストラン企画、運営メンバーが手掛ける「モノづくり企画」など、幅広いジャンルの仕事に参画している。

2.まちを楽しくするために必要なことは?

まず働く本人が「まちを知る」=「島を知る」こと
楽しい人、場所、モノ、文化、を見つけること
それを好きになり、掘り下げること
そして、自ら発信する事で魅力あるホテルスタッフ(又はアクター)となり、まちに利益を還元し、旅行者にまちの魅力的を伝えることができます。
その結果、人と人が繋がり「まち」が楽しくなると信じています。

3.仕事を楽しむために必要なことは?

「まち」を楽しくする=「仕事を楽しむ」こと。それが自分自身の楽しさに繋がっています。
24時間無意識に「まち」を楽しくすることを探しており、それが「人」と繋がる瞬間に最上の楽しさに代わります。
同時に、仕事以外の時間もしっかり楽しむこと。それが客観的な視点につながり、仕事でも余裕や優しさを持つことができ、結果仕事を楽しむことができると思います。

4.代表実績

HOTEL LOCUS