UDS LOG 20180922_beijing

中国「北京坊ライフスタイルデザインウィーク」開幕式で中原がお話させていただきました

 

MUJI HOTEL BEIJINGが開業してから約3か月。おかげさまで毎日たくさんの方に訪れていただき、またたくさんのお問い合わせをいただいて嬉しい悲鳴が続いています。

IMG_3019

そんな中、先日MUJI HOTEL BEIJINGがある「北京坊」で開催された「北京坊ライフスタイルデザインウィーク開幕式」の特別講演に、UDSの設計部門を統括する中原が登壇し「これからのライフスタイルホテル」をテーマにお話をさせていただきました。

DSCN4252

先日は韓国で中原が「都市とホテル」をテーマに、そして代表の中川がプロジェクト・デザイン・パターンの韓国版発売を記念して「魅力的な空間はどのように作られるのか」をテーマにお話をさせていただきましたが、中国で、デザインをテーマにしたかつ全土の注目を集める本格的な講演というのは今回が初。さらに故宮博物館の館長や文化庁長官など、国家級のVIPも参加した開幕式での講演という大変光栄な機会をいただいての大役でした。

DSCN4257

中原からはMUJI HOTEL BEIJINGを中心に、ホテル カンラ  京都やホテル アンテルーム 京都などについてごも紹介させていただいたのですが、集まっていただいた皆さんにはこれらのより新しい形のホテルのスタイルとしてとても新鮮に映った様子。

中国でもデザインホテルはものすごいスピードで増えていますが、リノベーションでかつ各部屋を異なるアーティストがデザインしたり、アーティストのアトリエや、金継ぎ工房をホテルに併設するアイディアなどは、特に北京の人たちにとっては驚きだった様子で、集まった聴衆の方々から大変よい反応をいただきました。(実際に、講演がきっかけとなって早速問い合わせもいただいているとか)

 

UDSでは2006年に中国・上海で初プロジェクトを手がけ、2013年には現地法人誉都思建筑咨询(ユードゥースーケンチクシジュン)を設立して中国で事業を展開してきました。そして今年の6月にはビッグプロジェクトの、誉都思が企画、設計、運営、経営を行うMUJI HOTEL BEIJINGが開業したわけですが、誉都思の立ち上げ前から、長年中国で様々なプロジェクトに奔走してきた担当者も今回の講演会の様子をみて、「中国もいよいよライフスタイルを重視した時代の流れが来ている」と実感し、さらなる期待に胸を膨らませたようです。

中国では経済成長とともに人々の生活様式が常にものすごいスピードで変化し続け、発展しています。誉都思では日本のUDSチームと協力しながら、中国でも人々のライフスタイルの豊かな方向へのヒントになる場所を提案していくべく取り組んでいます。

 

誉都思では今北京と上海にオフィスを構えておりまして、社員は100名を超えました。下記はそれぞれのプロジェクトやまちの様子を、時折現地からブログでレポートしています。よろしければぜひご覧ください。

<誉都思だより 最近の記事より>

【誉都思だより/北京】中国の若者のチャンスを広げる起業ストリート「創業大街」(その2)

【誉都思だより/北京】中国の若者のチャンスを広げる、起業ストリート「創業大街」(その1)

【誉都思だより/上海】話題のホテルが続々オープン!上海の最新ホテル事情

【誉都思だより/上海】バリエーション豊かな中国の早餐(朝食)をご紹介!