UDS LOG 5

【誉都思だより/北京】新オフィスに引っ越しました!築100年の建物をリノベーション

 

大家好(ダージャーハオ)!
2019年最初の誉都思だよりは、北京からお送りします。

中国では「春節(=旧正月)」がメイン行事となるため、暦上の元旦は普段とあまり変わらずあっさり過ぎ去りました…。残念。
中国の旧正月は爆竹を鳴らす習慣があり、とにかく派手!ということは日本でもよく知られていますが、最近は中国でも空気を綺麗に保つため、北京市内中心部は爆竹禁止という規則が生まれ、今年も中国らしからぬ静かな春節になるかもしれません。

突然ですが、誉都思北京オフィスは引っ越しました

昨年6月末にMUJI HOTEL BEIJINGが開業したこともあり、誉都思には沢山の仲間が入社してくれました。その為、既存オフィスだけでは手狭になり引っ越しを検討していた矢先、お世話になっているクライアント様からMUJI HOTEL BEIJINGまで徒歩5分ほどの場所にある物件をご紹介いただき、昨年の11月中旬に無事新オフィスへ引っ越すことができました!

古き良き町並みと新しさの融合が魅力的なエリア

新オフィスは、MUJI HOTEL BEIJINGや地下鉄前門駅から徒歩5分ほどの場所にあり、打磨厂街(DaMoChangストリート)という通りを入った所にあります。
打磨厂街は、かつて明朝初期の時代より房山から切り出した石を磨きこの通りで売り買いされていたことに由来しその名がついており、たくさんの商店が並んでいた場所として知られています。
5 4
現在は綺麗に整備された通りに生まれ変わっていますが、古い建物や町並みからは歴史を感じることができます。趣のある通りには、古い四合院の建物をコンバージョンし講演会や音楽・観劇などもできるイベントスペースがあったり、古い建物と新しいエッセンスの融合が体感できる魅力的なエリアです。
そして、新オフィスはこの通りの奥にある建物の中です。

MUJI HOTELの世界観をオフィス空間に

新オフィスの入る建物は以前、外国人向けのクリニックとして使用されており、エントランスの味のある鉄のドアが長い歴史を物語っています。
6
今回、新オフィスのデザインを担当したのは中国出身のジンさんワンさん
古い建物の趣を感じつつ、快適でシンプルで素材感のあるオフィス空間をコンセプトに創り上げてくれました。
00
1階部分は「カフェ+オフィス」をキーワードにゆったりと大きなソファを中央に置き、その隣に作業スペースや打合せスペースを設けています。
7
壁際の作業スペースのデスクやリラックススペースの家具は、なんとMUJI HOTEL BEIJINGのサンプルとして制作したものを使用しています。サンプルとは言え、そのまま捨てるのではなく最大限活用していきたいという想いから、MUJI HOTELの世界観をオフィスにどのように取り込むかを考えながらデザインに落とし込みました。

お昼時になると、以前は自分の席でご飯を食べていたスタッフも最近ではこのリラックススペースで集まって食べるようになり、時にはお弁当のおかず交換をする姿を見かけるほどリラックスした空間になっています。
9
また、1階にはコーヒーマシンが置かれたバーカウンターがあり、そこにはお土産や差し入れでいただいたお菓子やコミュニティボードがあり、自然と人が集まる雰囲気になり以前よりも設計メンバーと運営メンバーの交流が増えてきたように感じます。
8 10

約100年の歴史を持つ既存建築を活かす

元々木材で造られたこの建物には、随所に歴史を感じる要素や木材の持つ温かさがあり、既存建物の一部を残し新たなデザインとして活用しました。
14
例えば、コンセプトにもある「素材感」を感じてもらえるよう木材で出来た柱や壁はあえてそのままにし、天井から日が差し込む大きな吹き抜けに沿って、2階部分には本棚を設置し空間を効率的に使う工夫も施されています。

また、重厚感のある木の扉や十字架をモチーフにした彫刻など、以前の外国人向けクリニックとして使用されていた頃の面影を感じられる設えもあえて残しています。
12
扉の奥はミーティングスペース

屋上テラスを新たな憩いの場に

新オフィスの最大の特徴は、何と言ってもこの開放的な屋上テラスです!
17
ここに木の棚を作り、ひょうたんやぶどうと言ったつる性の植物を栽培し、緑の木陰の下でリラックスしたり、気軽に集まれるような憩いの場に育てていく予定です。

このテラスから見える胡同の景色はまだ「老北京」のままでとってもローカル。そんな穏やかな景色を眺めながら、「夏はここでビールを飲んだら気持ちいいよね」と早くも夏を楽しみにBBQパーティー等を企画しています。(じゃあ冬は?と聞いたら「冬はここで火鍋だな」・・・いやいや、氷点下15度の北京でそれは寒すぎ(笑)!)

会議室でピザパーティー

新オフィスに引っ越して約2ヵ月が経とうとしています。

ここでは、吹き抜け越しに1階の運営メンバーと2階の設計メンバーが意見交換をしたり、代表の王さんの突然の提案で広い会議室でピザパーティーが始まったりと、オンとオフどちらの時もコミュニケーションがとりやすく、より良い雰囲気の中で業務に取り組めるようになりました。
unnamed
以上!北京の新オフィスの全貌をご紹介しました。
北京にいらっしゃる際には、MUJI HOTEL BEIJINGと共に北京オフィスにもぜひお立ち寄りください。

秋山 美保(誉都思 / MUJI HOTEL BEIJING)2017年3月中途入社、中国北京へ渡航。前職はホテルで営業の仕事をしていましたが、企画・設計・運営という全ての目線でプロジェクトに関われるUDSで、これまでとは違う経営的な角度からホテルに関わることに面白さとやりがいを感じています。現在はMUJI HOTEL BEIJINGにて、日本と中国間のやりとりやフロントやロビーでの各業務など、現場の第一線に立ってサービスを行なっています。