富士山三島東急ホテルFUJISAN MISHIMA TOKYU HOTEL

SHIZUOKA

国内のお客様はもちろん、インバウンドの方々にも喜んでいただけることを目指し、静岡・三島ならではの富士山の眺望を最大限に活かした新築ホテル。「富士を望む和の佇まい」をコンセプトに、石庭や縁側、囲炉裏や窓といった日本古来の設えを、ホテルロビーや客室、レストランや温浴に展開し、三島らしさを感じられるマテリアルで空間を構成しました。

ホテルロビーは5.5mと高い天井高で、日本の風情を感じる大きな暖簾を設けています。床には静岡の伊豆若草石を使用し、三島を形成した富士山の溶岩によるオブジェを印象的に配置しました。

客室は、家具の高さを低く抑えることで空間に広がりをもたせ、水回りからも富士山を眺められるよう計画。囲炉裏から着想を得た炉端焼きカウンターを備えるレストラン「炉 L’EAU」は、企画、運営コンサルティングのほか、店内ツールをはじめとしたVIを手がけています。

  • 企画
  • 設計
OUTLINE
所在地
静岡県三島市
用途
ホテル
敷地面積
約3,400㎡
延床面積
10,563㎡(ホテル部分)
規模
地上14階
構造
鉄骨造
竣工年
2020年5月